関の氏神 亀山八幡宮
七五三案内

七五三詣でのご案内

七五三詣でとは

令和2年の七五三

コロナ対策について

郵送神楽の案内

七五三祈願書

Q&A

七五三詣でとは

 晴れ着などで正装した3歳と5歳の男児・3歳と7歳の女児を両親などがつれて宮参りすることをいいます。
 これは、3才の男女児がこの日を境に髪を伸ばし始めた「髪置き(かみおき)のお祝い」、5才の男児がこの日から袴を着け始めた「袴着(はかまぎ)のお祝い」、7才の女児が帯でしめる着物にかえた「帯ときのお祝い」といった古くからの風習に由来するものです。
 七五三詣では、神様に子供の成長を感謝しこれからの無事を祈ります。

令和3年の七五三

3歳 平成31年・令和元年生まれ(満年齢だと平成30年)の男の子と女の子
5歳 平成29年生まれ(満年齢だと平成28年)の男の子
7歳 平成27年生まれ(満年齢だと平成26年)の女の子

神社は数え年でのお参りを基本としますが、お子様の成長に合せ満年齢でご祈祷をお受けいただいても差し支えございません
お初穂料(ご祈願料)はお子様お一人につき5000円以上をお願いしています
お初穂料の封筒はお宮でも用意しております
お子様の成長を祈り、千歳飴・御守など授与しております
お土産用(千歳飴・おもちゃ)もご用意しています(お初穂料1000円)

コロナ対策について

神社職員はマスクを着用し対応いたします
社殿内は扉を開放し常時換気しております
ご祈願受付所には消毒液を用意しておりますのでご利用下さい
祈願書ご記入のため、できましたらボールペンなど筆記具をご持参下さい(下記の祈願書をダウンロードしていただき、ご記入の上当日お持ちいただけましたら助かります)
受付申込は保護者お一人にてお願いいたします
マスクをご着用下さい
混雑時には、待合室また社殿内へのご入室を、七五三祈願をお受けのお子様と保護者のみに制限する場合があります
混雑時には一度のご祈願は3組までとし、社殿内では間隔をあけてお座りいただきます
祈願後の神酒拝戴風船の授与は控えせていただきます
七五三は年間を通して8時30分より16時30分まで受付致しておりますので、ご都合の良い時にお参り下さい

郵送祈願のご案内

 諸事情により、ご参拝が困難な方へはこちらで祈願祭を斎行し、御守・千歳飴などの撤下品をお送りいたします(郵送事務手数料として、お初穂料とは別に1000円お納め下さい)

お手続き方法

1.下記の祈願書にそった必要事項をメールかファックス(083−232−5365)にてご連絡いただくか、祈願書をダウンロードし郵送にてお送り下さい。
【必要事項】@お住まい(郵便番号・住所・ふりがな) A保護者の方のお名前(父親の氏名・ふりがな・生年月日、母親の氏名・ふりがな・生年月日) B七五三のお子様のお名前(氏名・ふりがな・生年月日・続柄) Cお初穂料 D連絡先電話番号
【注意事項】メールにて申し込みの場合は、必ず返信致します。数日過ぎても返信がない時には、何らかの理由で届いていないと考えられますので電話にてお問い合わせください。ファックスにて送信の場合は、番号のお間違えがないようにお願いします。合わせ電話にてお送りした事をご連絡いただけると確実です。
2.お初穂料は、郵便局に備え付けの払込取扱票(ゆうちょダイレクト電信振替可)もしくは現金書留にてお納め下さい。現金書留をご利用の場合は、祈願書を同封されても結構です。その際、郵送事務手数料として、お初穂料とは別に1,000円を合わせお納め下さい
払込取扱票の口座記号・口座番号・加入者名欄には、下記の番号当社名をご記入下さい。
@口座記号01570−3 A口座番号12724 B加入者名亀山八幡宮
現金書留の宛先には、下記の事項をご記入下さい。
@〒750-0004 A山口県下関市中之町1−1 B亀山八幡宮 C083−231−1323
 お初穂料の入金と申し込みの確認をいたしましたらご神前にて祈願祭を斎行しお送りいたします。

祈願書


クリックするとPDFで開きます

Q&A

Q.受付時間は?
A.基本的に、午前8:30〜午後4:00(時間外でもお問い合わせ下さい)

Q.予約は?
A.不要です。来られてからの受け付けになります。

Q.11月だけですか?
A.11月にこだわらなくても結構です。年間を通して受付致します。

Q.駐車場は?
A.十分にございます。土日は混雑しますので係員の誘導に従って下さい。

Q.衣裳や写真屋さんは?
A.専属のスタジオなどはありませんが、ご紹介はできます。

Q.会食とかは出来ますか?
A.隣の儀式殿(電話番号083−233−1986)でできますので直接お問い合わせ下さい


上へ

前へ