関の氏神

亀山八幡宮


亀山八幡宮林間学校

平成29年行事内容

平成29年写真日記

平成29年優秀作品

←戻る

平成29年 記録写真


ようやく、写真を掲載できました。長らくお待たせして申しわけございませんm(_ _)m

8月1日(火)

本年も、近隣の小学生をはじめ、里帰り中の子供たち約120名が集まりました。
開校式・記念写真と続き、名池小学校の読み聞かせサークル「よつばの会」による、プロジェクターを使って、「いえのなかのかみさま」「どろんこそうべえ」「天女銭湯」「三びきのやぎのがらがらどん」の絵本を聞きました。
毎日新聞(8/2)→

8月2日(水)

岡村先生指導のもと、境内のあちこちで子供たちが作品を作りました。色ぬりやニスぬりは家でしますが、2時間弱で形にするのはなかなか難しく、家で一から作り直す子も・・・。
軽い紙ねんどを使うようになってから、浮かせたり、壁に貼り付けたりといった見せ方や、作品の物語性も選ばれる対象になっています。

子供の発想を親が手伝って良い作品を作る。親の手を借りるのも・・・という考えもありますが、親子のコミュニケーションも大事かも?
29年優秀作品はこちらへ→

8月3日(木)

書道と絵の稽古初日。絵は岡村先生、書道は米本先生。
書道は、儀式殿の中で先生の書かれた字をお手本に稽古します。絵は、境内に多くある題材を見つけ、それを良く観察しながら描きます。
書道は心を落ち着かせ丁寧に筆を動かす、絵は見た物を写すだけでなく、いらない物を削ったり、大きく描いたり、自分を絵の中に入れたり絵だからこそできるテクニックを学びます。
29年優秀作品はこちらへ→

8月4日(金)

一日旅行。林間学校の楽しみの一つです。70名の子供たちが参加しました。
先ずクリーンパーク臨海という福岡市のゴミ焼却施設の見学。昼食を福岡市立博物館前の芝生広場でとった後、博物館の常設展、企画展、特別展と拝観。そして、櫛田神社の飾山笠を神職さんに説明を受けながら見学しました。
本年は見学が多くて遊ぶところが少なかったですが、色々勉強できたと子供たちも満足していました。

最近は、キャンプ・一日旅行だけ申し込む人が多くなり、十日間通しての参加をしてくれないのが少し寂しくも思います。

8月5日(土)

二日目の書道と絵の稽古日です。
土曜日で家族と出かけた子が多いのか、初日と比べて参加者が少なかったです。早い子は、この日に作品を仕上げ提出していました。
この林間学校で提出した作品を、小学校の夏休みの宿題として提出する子も多くいます。
29年優秀作品はこちらへ→

8月6日(日)

「親子で体験!〜応急手当〜」と題した6日目。
日曜日は、保護者、とりわけお父さんとの参加を期待し、「親子で…」としています。が、前日同様にお出かけされている家族が多いようで、少ない参加でした。
下関中央消防署の署員の方にお見えいただいて、心臓マッサージ、簡易担架の作成など、楽しく教えていただきました。

8月7日(月)

毎年恒例の七夕の飾り付け。この地域では、旧暦の7月7日に近い8月7日に七夕祭がよく行われています。
願い事を書いた短冊、折り紙で作った飾りを皆でつけ、亀の池の玉垣にくくりつけられました。
近年インターネットやスマートフォンの普及でか、ネットで折り方を検索できるようで、折り紙で作った彦星・織り姫など手の込んだ飾りもみられました。
飾り付けが終わって、水産大学の松本先生にドローンについて学びました。日頃間近で見られない物で、子供たちも興味心身でした。

8月8日(火)

山口大学工学部の岡田先生を招いて、実験を通して振動について学びました。昨年に続いての科学実験の授業で、多くの子供たちが集まりました。実験後は、振動を使ったおもちゃを作成しました。

8月9日(水)

下関市中央図書館館長の安冨先生から、境内から望むことができる「巌流島」について教わりました。

教育キャンプ

林間学校の締めくくり「教育キャンプ」です。
昨年同様、竹を使ってお米を炊くために、5・6年生に声をかけ、竹の加工をしましたが、雨のため、飯ごう炊さんが中止。残念ながら活躍しませんでした。でも貴重な体験で、参加した子供たちも楽しそうでした。

午後3時30分集合。学年・学校混在で8班に分け、6年生に班長になってもらいます。午後4時〜、子供たちの学業成就祈願祭。それぞれにお守りを授与します。良くランドセルにつけられたこのお守りを見かけます。
終わって、レクリエーション。飯ごうをする予定でしたが、雨のために儀式殿内で火きり体験(6年生のみ)と、皆でゲームをしました。
講師の先生は、名池小学校の内藤教頭先生、吉村先生、室谷先生。今年はラジオ体操の先生としても、市の教育委員会の方以外、名池小学校の先生方にお手伝いいただきました。
夕食はカレー。敬神婦人会の方が毎年おいしく作ってくれます。お腹を壊さないように、食べ過ぎ注意です。

夕食後、宮本先生と能楽教室の生徒さんの謡・仕舞を鑑賞し、高砂を一緒にうたいました。続いてしものせき・竹アンサンブルの方々の演奏を聴いたあと、竹のカスタネットで一緒に「世界に一つだけの花」を合奏しました。

最後に、例年「紺箭銃砲火薬」様より、子供たちを喜ばせようと奉納いただいています花火、「ナイアガラ」と筒の打ち上げ花火を使った花火大会を鑑賞。就寝は10時。なかなか寝ない子が、お世話人に怒られるのは毎年の風物詩。今年は女の子が遅くまで起きていました。

8月10日(木)

林間学校最後のラジオ体操後、閉校式。名誉校長・校長・宮司と挨拶が終わり、お世話人へのお礼後、表彰式。
朝の内に、作品を下関市役所へ展示しました。
本年も無事林間学校が閉校しました。多くの子供たちに、夏休みの良い思い出ができたと信じています。
最後に、林間学校開催にご尽力いただいております皆さまに感謝申し上げます。

亀山八幡宮社務所
 〒750-0004 山口県下関市中之町1-1 TEL083-231-1323 FAX083-232-5365
メールアドレス