関の氏神亀山八幡宮

お正月・節分行事のご案内

お正月

新春行事

厄除表

年祝い表

大福梅

どんど焼き

新春囲碁大会

ご祈願

節分祭

節分行事

節分行事詳細

凧あげ大会

凧づくり教室

鬼の舞

年男・年女募集

凧あげ大会成績

節分行事

←戻る

節分とは?

もともと一年を立春・立夏・立秋・立冬と四節に分けた節の別れ目であります。
中でも立春の前日の節分は、翌日が立春になるので冬の陰気を去り一陽来福の陽気を迎える“おにやらい”の行事が賑やかに行われ、「福は内・鬼は外」の豆まきとともに疫鬼退散を祈ります

2月3日(金)

節分行事詳細→

  • 境内では「鬼打豆」(1袋100円)を授与しています。(1月下旬頃から)
  • 昔は各家庭に鬼除けとして置かれていた「鬼の棒(飴)」(1本300円)を授与しています。(1月下旬頃から)
  • 亀山八幡宮周辺(中之町・唐戸町・赤間町など)には、氏子青年会「亀笑会」が扮する鬼(鬼笑の舞)が出現します。(2月3日。午後4時頃〜と午後7時頃〜の2回の予定)

どんど焼き

午前9時〜午後6時
旧年のお札・お守り・縁起物を焼納します。

どんど焼きについてのお願い

昨今の環境問題(焼却灰の処理)など諸般の事情により、しめ飾り・古い御札や御守・縁起物などは、分別焼納することになりました。また、神社に設置の古札箱は本来の趣旨に反する物品を納められるなどから閉鎖し、古札類は社務所へお持ちいただくようにしております。
どんど焼きは例年通り行いますが、下記をよくお読みになりまして、正月三が日までの分別と、どんど焼きの日は、職員やご奉仕の方の指示にご協力下さい。

お納めできないもの

@本・雑誌・冊子・家計簿・カレンダー・ポスター・チラシ・宝くじなどの刊行物(お宮・お寺・その他宗教関係が出版している社報・本・チラシなど含む)

A手紙・年賀状・日記・写真・財布・衣類(故人の物品も含む)

B仏壇・仏具・数珠など神社神道関係以外のもの

C人形・ぬいぐるみ・人形のケース・電化製品・酒ビン・ガラス陶器類・金属類

Dお正月の鏡餅・ダイダイ・みかんなどの食品、鏡餅のケースや箱やプラスチック製のみかんなど(特にしめ飾りのみかんは外して下さい)

Eしめ飾りについた飾り(みかんやウラジロ、ユズリハを含む)しめ飾りはワラのみにしてお持ち下さい。

F門松の針金や竹の中の土

【これらの中でどうしてもの場合は神社へご相談下さい】

※以上、お断りした品物については、ご家庭・会社等で処分して下さい。(ご心配の方は、お祓いをお受けになるか、ご自分でお塩でお清めしたのち処分して下さい。)

※紙袋・レジ袋・ビニール袋はお持ち帰り願います。

凧上げ大会(雨天中止)

午後3時〜午後5時
場  所:唐戸市場屋上しばふ広場
受け付け:午後2時〜4時 会場にて
表  彰:意匠賞(デザイン)・滞空賞・子供賞・参加賞
参  加:手作りの凧をご持参いただければ、どなたでも参加可能。1月の日曜日には凧づくり教室が開催されます。凧づくり教室詳細→凧あげ大会詳細→

玉替式(福引大会)

午後3時〜午後7時

当日券200円(前売り券180円)
空くじなし!
一等「純金の玉」 二等「純銀の玉」 三等「ダイヤモンドプチネックレス」ほか

節分祭本殿祭・鬼の舞

午後6時〜
春立つしるしの節分の日に、益々ご健康にご活躍なされますよう、開運厄除本殿祭にあわせ、「鬼やらい」の行事が行われます。節分祭本殿祭・鬼の舞詳細→年男・年女を募集しています→

年男年女豆まき式(餅まき)

午後6時半頃 

〒750-0004 山口県下関市中之町1-1 関の氏神 亀山八幡宮 電話083-231-1323

亀山八幡宮社務所
 〒750-0004 山口県下関市中之町1-1 TEL083-231-1323 FAX083-232-5365
メールアドレス